授乳クッション。

むすこの時には使わなかった授乳クッション。
2か月となる病院生活の中、この授乳クッションがとっても便利なことに今さら気づいたのですが
お店で見る物は好きなのがないし、結構お値段も張る。。。。。

偶然見つけたこちらのサイトから自分で作りました。

c0143725_11442323.jpg

綿は600g使用と書いてあるけれど、少しボリュームを持たせたかったので +100g足しています。 
洗えるようにと、ヌードクッションで最初に作り IKEAの生地でカバーを作りました。
スナップボタンで止めるようにしたのですが、ボリュームが出すぎてしまい ちょっとしたはずみで真ん中部分のボタンが取れます。。。。。。
まぁ裏側は見ないし、使わないから まっいっかー(笑)

一緒に写っているバブーシュは、お友達に出産祝いで頂いたもの。
赤ちゃんのバブーシュ!!! 可愛い~~。ハグの新作です。
玄関のお客さん用バブーシュが入っているカゴの中に仲間入りしています(^-^)


**************************************

すくすくと元気に成長している我が家の赤ちゃん。
体重今や何と4,500g。横よりも縦に長いようで、他に入院している赤ちゃんが小さく見えます。。。。
そして病名がつきました。
何も分からなかった不安な状態から1歩前進。
経過も良く、このままいけば6月の頭頃には退院出来るそうです(^-^)

ただ両親揃って、緊急の時の蘇生術を教わらなければなりません。
蘇生、と聞くと 何だか響きが怖くて 家に帰って本当にやっていけるのだろうか?と不安になるけれど
何よりも家族揃って過ごせる、という事には何物にも代えがたい。
頑張らなきゃな~と思っていたら、お泊まりした病院からパパと電話している時
『頑張らなくていいよ。それ以上頑張らなくていいんだよ。今でも十分頑張っているんだから。』
すごーく嬉しくて、肩のチカラが抜けていきました。う~ん又パパにしてやられたなぁ(笑)

赤ちゃんは最近よく笑うようになり、『あー』 とか 『うー』 とかいう言葉も増えてきました。
看護師さん達からも沢山可愛がってもらっているようで、赤ちゃんの笑顔から感謝の気持ちでいっぱいになります。
[PR]
by 19770518_atte | 2012-05-30 12:03 | てづくり